冠婚葬祭におけるプランナーの対応について

先日父が亡くなり、初めて葬儀というものを経験しました。
葬儀の場、ましてや身内を亡くすという経験は初めてだったので、私はとても動揺していました。
しかしいつまでも嘆き悲しんでいるわけにもいかず、葬儀場で今後のことについて打ち合わせが始まりました。
顔合わせの際、プランナーの方の物腰柔らかな対応にとても安心し、第一印象というのはこれほどまでに人に安心感や信頼を与えるのかと驚いたのを覚えています。
不安でいっぱいな私たち家族に対して優しく接し、どんな些細な疑問にも丁寧に分かりやすく答えていただいたことで、少し冷静さを取り戻すことができたように思います。
日々の生活の中で、様々な場所で、様々な人の接客を受けていますが、人の死に接することが仕事である葬儀場のプランナーの方の対応は、際立って穏やかで柔らかいものであり、同時にそのような対応を強く求められる世界だと感じました。
冠婚葬祭の場は人との結びつきを強める大切な場であるため、プランナーにも高い対応力が求められるでしょう。

全身脱毛 福岡
今は病院で脱毛する時代です

kashima

SD-WANグローバル

ランドセル
職人が手作業で作っているランドセルはこちら

室内での騒音が漏れるのを防ぐこともできます
二重サッシにすることで、外側だけでなく自分たちの出す騒音が漏れるのも防止できるのでおすすめです。

最新記事

  • 冠婚葬祭で、特にセレモニーとして重要視されているのは結婚式と葬式です。
    結婚式にしろ葬式にしろ …

    関連ページ①

  • 冠婚葬祭プランナーという職業があるのですが、これは読んで字のごとく、結婚式や葬式などを取り仕切る人の …

    関連ページ②

  • 冠婚葬祭には古い起源を持つものが多いことから、その形式には一定のルールがあります。
    しかし最近 …

    関連ページ③