冠婚葬祭に関するプランナーの仕事について

みなさんは冠婚葬祭とは何を示すかご存知でしょうか。
まず冠とは、江戸時代までは男子が成人になった証として、元服という冠をかぶる儀式があったことから、主には成人式のことを示しますが、それだけでなく、妊娠や出産、七五三、入園、入学など健やかに過ごしていく節目の行事でもあります。
婚とは、結婚のことで第2の人生をスタートさせる儀式です。
葬とは、葬儀のことで、亡くなった人をあの世に送る別れの儀式です。
最後に祭とは、祭礼や祭祀のことで、お正月やお盆、法事、七夕などの年間行事です。
このような冠婚葬祭に関するプランナーの仕事があります。
仕事内容は、式場または葬儀に関するプランの説明や打ち合わせ、当日の準備や司会、進行、アフターケアなどをおこないます。
お客様の人生のさまざまな節目に立ち会えるとてもやりがいのある仕事です。
プランナーを募集している企業もたくさんあるので、興味のある方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。